考えている男性

バイアグラは過去に副作用による死亡事故を引き起こしたことがあり、そのために「危険な薬なのではないか」という先入観を持っている人も多くいます。
確かにバイアグラはニトログリセリンなどの硝酸剤と併用した場合には危険な副作用があるというのは事実なのですが、しかし基本的には持病が無い人であれば安全に使える医薬品であるということはしっかり知っておく必要があるでしょう。これはバイアグラ以外のED治療薬のシアリスにも同じようなことが言えるので気を付けましょう。
バイアグラが持っている効果は血管を拡張して血液の流れを良くする効果ですから、この効果が何らかのリスクになるというような一部のケースを除けば副作用によるリスクはほとんどありません。
一応体質によってはめまいや頭痛、火照りといったような症状が出ることもありますが、これは薬の成分が体外へ排出されれば治まる一時的なものに過ぎません。
さて、ではバイアグラを服用するにあたって注意が必要な持病は何かというと、最も注意が必要なのは心臓病です。
特に先にも述べた通り狭心症を抱えていてニトログリセリンを服用している人だと副作用によって最悪命を落とすケースもあり得ますから、ニトログリセリンを服用している人は飲んではいけませんし処方がされることもありません。
またこれとは別の持病としては肝臓病を患っている人も服用してはならないとされており、これは肝臓の代謝機能が低下しているために薬の成分が上手く体外へ排出できずコントロールもできなくなってしまうからです。
あとは過去に脳梗塞や心筋梗塞を起こしたことがある人や慢性的に低血圧・高血圧になっている人もあまり良くないとされるのですが、もしこうした条件に一つも当てはまっていないのであればその人はバイアグラを飲んでも問題ない人と言えるでしょう。

記事一覧

EDを発症してしまった場合の治療方法として多くの人がイメージするのがバイアグラによる治療ですが、中に...

錠剤

起たなければ成り立たないのがセックスですので、夜の営みがなくなっていきます。 パートナーと一緒に過ご...

カプセル

パートナーと旅行に出かけたときに、男性のEDが原因で性行為がうまくいかなかった場合は、翌朝に気まずい...

考える男の人

バイアグラは現在ジェネリック薬と呼ばれる後発医薬品が出てきているため、メーカーにさえこだわらなければ...

錠剤とカプセル

薬にはそれぞれ最適な飲み方があるようにバイアグラにも適している飲み方があり、注意事項をきちんと守らな...