Vergnes のすべての投稿

消化に良い物を食べる習慣を持つのはどういう点で良いのか

 若い時は病気とは無縁な人が多いためにあまり食事に気を遣うという事もないです。ですが、加齢と共に徐々に病気になりやすい体になっていく事になります。そこで大事になるのが食生活の見直しです。特に考えた方が良いのが消化に良い食事を心がけるというものです。では、実際に消化に良い食事を取るようにする事でどのような良い事があるかというと、腸の負担を減らすというメリットがあります。いつも消化に悪い食事をしているとそれでかなり体に負担をかける事になります。確かに若い頃はそれでも特に大きな問題がなかったという事もあってある程度年齢が上になってからも消化に悪い食事をするという人もいます。ですが、年を取って若い時よりも体の機能は衰えています。そんな状況であるにもかかわらず、消化に悪い食事をしていると体に悪い影響が出る事もあります。最悪それで病気になる事もあります。なので、食事はできるだけ消化に良いものを意識して摂取するのが良いです。また消化に良い食事をすること食事中に気持ちが悪くなってしまうという事も防げます。若い頃は普通に味が濃い物や消化に悪い物を平気で食べていた人でも加齢によってそういうものを食べるのが辛いと感じるようになることもあります。それは単に消化に悪い物を食べるのが辛いというだけでなく、体がもう消化に悪い物を食べる事を拒否しているという事でもあります。そのような状況であるにもかかわらず消化に悪い物を食べ続けると健康を害する事になりかねないです。もちろん、それですぐに健康を害するという事はないですが、体がもう消化に悪い物を消化するだめに大きな負担を抱える事になるといつか大きな病気になってもおかしくないです。なので、健康のためにも食事管理をしっかりして消化に良い食べ物を食べるようにするのがおすすめです。健康を維持するためにとても重要なことです。

[2021年3月]雲のやすらぎプレミアムクーポン情報大公開!!

朝活が一日を決める

朝活は健康に良いというイメージは何となくあると思います。
朝活を行うことは健康だけでなく日常生活を行う上での様々な分野においてもプラスになります。
なぜなら朝早く起きて活動する時が最も頭がさえていて、このゴールデンタイムの活動が一日で最大の生産性を生むからです。また、生産性という意味では生活のリズムを整えたり、やるべきことの整理を出来る事もメリットになります。

メリットその1 自己肯定感が身につく
朝の早起きは自己肯定感につながります。寝坊してバタバタと準備して電車にゆられると、出だしからつまづいてしまい朝から疲れてしまいます。余裕をもって日の光を浴びて、深く息を吸い、伸びることで良いスタートをきれるきっかけを持てるからです。
また、一日の優先順位を決めましょう。今日絶対にやるべきことを先に片づけてしまうんです。ノープランでスタートするとやるべきことも出来ず失敗して、人に迷惑をかけたり怒られたりして自己肯定感低下へと繋がっていくのです。うまくやろうとせずに、やるべきことをコツコツ毎日片づけていくことを継続すれば、少しづつでも自己肯定感が積み重なって身についていきます。

メリットその2 周りから信頼される
朝寝坊は選択肢が狭まります。朝余裕があるほど、早めに行動しようといった意欲がわくので周りの人も行動の早いあなたを信頼して、新しい仕事につながったり、推薦してもらえたりといった可能性が上がります。
また、普段忙しい人も朝や午前中であれば、余裕があって時間を使ってもらえたりすることもあるので、雑談したりして有益な情報をもらえたり、親密になれたりと良いことづくめです。

メリットその3 時間をフルに有効活用できる
朝活が単純に時間を有効使うことが出来るというよりは、1日トータルでみて、時間をフル活用出来ます。最初に述べた通り、朝は頭がさえているゴールデンタイムがあるので、ここでその日の課題などをおわらせることが出来れば、そのあとは余裕の時間が生まれる。
課題が取り組むことが出来なくても感性が優れた状態で活動することは夜にだらだらと取り組むよりも集中して取り組めるので時間を有効活用出来るといえます。

また、睡眠の質は朝活に取り組めるかの決め手になるので、以下の記事もご参考頂けたらと思います。

雲のやすらぎプレミアムをお試しするべき!?