Butt のすべての投稿

意地悪は相手のコンプレックスの裏返しと考えれば楽になる

介護の世界は非常に狭い空間で働いています。
そんな狭い世界だからこそ人間関係が難しいものです。
とかく介護の現場では介護スタッフ同士で意地悪ないじめがよくあります。

そこで他の介護委スタッフから陰湿ないじめや意地悪を受けたのなら
それは相手のあなたへの比が見ややっかみ
つまりコンプレックスの裏返し
だと考えてみて下さい。

いつも意地悪や陰湿ないじめをしてくる人は決まっています。
それもターゲットを次々と変えて意地悪を仕掛けてきます。

それはその人より
若い人であったり
利用者から人気のある人だったり
明るくはきはきしている人であったり
きっとその人からすれば正反対のタイプに人ばかりではないですか?

確かに世の中にコンプレックスのない人なんていません。
誰でも少なからずコンプレックスは持っているものです。
逆に言えば
意地悪をする人が狙う相手はその意地悪をする人のウィークポイントを表していることに気づいて下さい。

いつも若い新人介護スタッフに意地悪をする人はきっとその新人の若さや初々しさに嫉妬しているかもしれません。
利用者から人気のある介護スタッフに意地悪を仕掛ける人は、自分が利用者から嫌われていることを売酢する気づいているかもしれません。
明るくはきはきしている人に意地悪をする人は自分から心を開いて人に接することができないからかもしれません。

意地悪をされたらその人と自分との違いを考え見ましょう。
反撃するもよし
さらりと大人の対応で受け流すのもよし
相手のあいての弱みがわかっていれば主導権はこちらにあるようなものです。

意地悪をする人のウィークポイントは、その人がどんな時に意地悪をするのか?を見ればすぐにわかります。
その人が意地悪をしたくなる時というのは、その人が自分のコンプレックスを誰かに思い起こされてチクッと自分の弱みが刺激された時に起こるのです。
ですから、あえてそんな風なシチュエーションを作り出してやり返すのも気持ちのいいものです。
介護職 やってられない

血縁・地縁を越えて入る合葬墓の合祀の意味

合葬墓のことについて簡単に考えないでください。
合葬墓とは血縁・地縁などを越えて一緒のお墓に入るということなんです。
これを合祀といういます。
一昔前では赤の他人同士が同じお墓に入るなんてとても考えられなかったのですから、時代は変わったものです。

もちろん合祀なのですから宗教にはとらわれません。
ある合葬墓では年2回ある合同慰霊祭には宗教的儀礼が無いものもありました。
ですので自分が考えている供養とはかけ離れている場合もあるのでそのあたりは事前に調べておきましょう。

怒号合葬墓でも宗教的儀式の強い物まります。
それは設置母体が寺院だったり教会だったりの色合いで決まります。
ある方は
「せめて納骨のときぐらいお経をあげて欲しい」
という場合もあるでしょう。
そのあたりも事前に相談してみましょう。

ただこの合葬墓はもはや世の中に定着しているといっても過言ではありません。
特に都市部ではその傾向が顕著です。
私のまわりの知り合いの多くもこの合葬墓を選んだ方も少なくありません。

ただ、ここで注意して欲しいのが合祀の意味です。
合葬墓では原則ご遺骨は骨壺から出してしまいます。
ですから、他の方の遺骨と一緒になってしまうのです。
後から家族が遺骨だけを取り出すことはできません。
そのことにはやはり抵抗のいある方も多く
とりあえずは納骨堂で自分たちの代まではきちんと供養する
といく選択をされる方も多いです。
納骨堂とはコンパクトなお仏壇のようなお墓です。
ある方はロッカールームとも表現されていましたが、まさにそんな感じです。

合葬墓とは赤の他人と一緒に
血縁・地縁を越えて同じ墓に入る
という意味です。
このあたりはしっかりと理解したうえで合葬墓を選びましょう。

お墓は故人の生きてきた最後の証でもいあります。
できればなんらかの形は残しチェ上げたいものですが、最近ではそれも難しうくなってきましや。
残った顔z九の負担を考えれば、それも仕方のないことです。
いいお墓 口コミ

結婚相手は外見で選びなさい!そのほうが確率はいいから

「人は外見で判断してはいけません」
学校でそう教わってきましたよね・
でも、現実の社会に出た時にそれが信じてはいけないことがわかったのではないですか?

人間は
洋服を着て
生活します。
洋服を生きないのは動物です。
それくらい洋服 つまりファッションって大事なんです。
ファッションにはその人の性格や生き方、価値観までは寧されているのです。
だからこそ
結婚相手は外見で選ぶべき
と思うのです。

例えば昔、真面目で地味だった女の子が同窓会で
髪は金髪
へそにはピアス
おっぱいは乳首近くまで丸出し
きっとまわりの男たちは
「この子、ちょっとおかしくなっちゃんじゃないの?」
と白い目で見るでしょう。
まあ、そんな女の人でも好きなる男性が現れるのもこの広い日本ではきっと合わられるでしょう。
また
「この娘、軽いんじゃね?ヤリマンかも?」
とゲスな目的で言い寄ってくる男もいます。

ただ、恋愛や結婚相手となれば話は別です。

これは女性だけではありません。
今の男性のファッションもおかしくなってきています。
今にも脱げ落ちそうなくらいまで下げて履くジーンズ
パンツも半分以上みせています。
まあ、かなりレアなsケースだとは思いますが
その男性が高学歴で性格もいい
そんな時に女性のあなたならどう判断しますか?
ファッション以外は満点だから結婚相手にふさわしいと考えますか?

ファッションの基本は
相手を不快にさせない
これが重要です。
社会はルールとマナーで成り立っています。
ですから、まだが規制という狭い世界ならばそれも通用するでしょう。
でも、これが社会人になって
働いたり
子育てをしたり
そんな年齢になってもまだそんなファッションでは困ります。

少なくともそんなファッションでは六ンば所に働けない市う
子供もきっとグレるでしょう。

社会に反発してそんなファッションをするのもいいが、社会に迎合するのもまた大人になることなのです。
人は一人では生きていけません、
たくさんの人が関係してきます。
まわりの人を不快にするファッションはファッションではありません。
でも、これが若い頃の自分にも分からなかったんです。

イディオ結婚相談所 口コミ

医者の話はメモを取りわからないことは質問しなさい

医師の診察を受ける際には心が手欲しいことがりあmす。
まず、症状や気になる点を目重し持参することです。
意思を目の前にすると緊張してうまく自分の症状を伝えられないことが良くあるからです。
ただの風邪ならよいのですが、年齢を加算寝てくるとそれが隠れた大病の初期症状のこともあるのです。
メモの持参は医師の話を書き留めるのも役に立ちます。
とかく医師の話は千も女御の羅列も少なくありません。
医師にとっては当たら前の言葉でも素人の私たちにはチンプンカンプンなことばかりです。
初めて聞く言葉に戸惑わないように医師に分からないことは質問すべきですし、それでもわからない場合はきちんとメモを取ってあとでネットで調べてみましょう。
その時はわかったつもりでも、後で振り返ればよくわかっていなかったり、記憶が薄れてしまうこともあります。
メモは記憶の物忘れや勘違いを避けるものなのです。

大事なのはわからないことがあったのなら、その場で医師の質問することです。
遠慮はしてはいけません。
意思も質問が萎えれば理解してくれたものとして勘違いしてしまいます。
また、患者から質問されて初めて気づくこともたくさんあるのです。
ですから、w駆らない点はどんどん質問すべきです。
質問を嫌がる医師なら親切な意思とはいえません。
医者というものは患者が納得するまで説明するのが良い医師なのです。

不安ならば子供に病院に付き添ってもらいましょう。
高齢になってくるとなかなか医師に質問することも臆病にもなりますし、その説明も理解できないことが多くなってきあmす。
そんな場合は、病院には子供にできるだけ付き添ってもらうことをおすすめします。
特に検査結果や治療方針の説明がある時にはなおさらです。
子供と一緒ならば不安も和らぎますしなによりここ都強いです。
また子供にしてもきちんと医師から説明を受けることで、今後の対応も間違った物をしなくて済みます。
とかく
「自分だけは大丈夫」
と過信している人が多いのです。
介護 声かけ 悪い例