Butt のすべての投稿

医者の話はメモを取りわからないことは質問しなさい

医師の診察を受ける際には心が手欲しいことがりあmす。
まず、症状や気になる点を目重し持参することです。
意思を目の前にすると緊張してうまく自分の症状を伝えられないことが良くあるからです。
ただの風邪ならよいのですが、年齢を加算寝てくるとそれが隠れた大病の初期症状のこともあるのです。
メモの持参は医師の話を書き留めるのも役に立ちます。
とかく医師の話は千も女御の羅列も少なくありません。
医師にとっては当たら前の言葉でも素人の私たちにはチンプンカンプンなことばかりです。
初めて聞く言葉に戸惑わないように医師に分からないことは質問すべきですし、それでもわからない場合はきちんとメモを取ってあとでネットで調べてみましょう。
その時はわかったつもりでも、後で振り返ればよくわかっていなかったり、記憶が薄れてしまうこともあります。
メモは記憶の物忘れや勘違いを避けるものなのです。

大事なのはわからないことがあったのなら、その場で医師の質問することです。
遠慮はしてはいけません。
意思も質問が萎えれば理解してくれたものとして勘違いしてしまいます。
また、患者から質問されて初めて気づくこともたくさんあるのです。
ですから、w駆らない点はどんどん質問すべきです。
質問を嫌がる医師なら親切な意思とはいえません。
医者というものは患者が納得するまで説明するのが良い医師なのです。

不安ならば子供に病院に付き添ってもらいましょう。
高齢になってくるとなかなか医師に質問することも臆病にもなりますし、その説明も理解できないことが多くなってきあmす。
そんな場合は、病院には子供にできるだけ付き添ってもらうことをおすすめします。
特に検査結果や治療方針の説明がある時にはなおさらです。
子供と一緒ならば不安も和らぎますしなによりここ都強いです。
また子供にしてもきちんと医師から説明を受けることで、今後の対応も間違った物をしなくて済みます。
とかく
「自分だけは大丈夫」
と過信している人が多いのです。
介護 声かけ