実家の遺品整理で処分するものをスマホで写真を撮ると後で役に立つ

実家の片付けで仕分けしたものをスマホの写真で記録しておくことがおすすd雌。
写真に撮っておくことで
なにを処分し
なにを残したのか?
客観的に把握することができます。
後で兄弟姉妹から
「あれ、どうしたの?」
と聞かれることって
少なくないんです。
そんな場合でもスマホの写真を見せれば一目瞭然です。

特に「捨てるか?」「捨てないか?」
迷った物は必ずスマホで写真を撮っておきましょう。
たとえ泣く泣く処分したとしても、写真に残しておくことで気持ちが少し楽にはなります。
いつでも写真で見れるから
そう思えば捨てることにも抵抗が無くなります。

とはいっても、処分するための仕分けは大変です。
処分する物はゴミ収集日までにゴミ袋に入れて、ベランダや庭に一時的に出しておきましょう。
そうしないと仕分けをするスペースがなくなるからです。
たま残すものなどだ時な門を雨風に晒すこともできません。
大事な物、残しておくものは室内に置いておきます。
ですので、せめて一部屋は仕分けをする場所として確保しておきたいものです。

まずは仕分けができるように一部屋だけでも集中的に片づけて作業スペースを作るようにしてください。

そのい仕分けスペースで
「残すもの」
「捨てるもの」
どんどん分類していきましょう。
でも、そこでもうひとつ
「とりあえず迷い箱」も作っておいてください。
親との思い出は詰まった物ばかりが実家の荷物です。
簡単い捨てられない物もたくさなります。
まずはそれがどれだけの量になるのか?
予想もつきません。
子供の家に持ち帰れる程度の量であれば、やはり大切な親との思い出の品物です。
しかし、いくら親との思い出の品物といっても子供の家に持ち帰れる荷物の量はたかが知れています。
とりあえずの迷い箱の中に入りきれないほどの量になるのなら、思い切って捨てなければなりあm線。
その時に、ぜひスマホで写真を撮っておいてあげてください。
そうすればいつでも見れますからね。
遺品整理 いつから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です