意地悪は相手のコンプレックスの裏返しと考えれば楽になる

介護の世界は非常に狭い空間で働いています。
そんな狭い世界だからこそ人間関係が難しいものです。
とかく介護の現場では介護スタッフ同士で意地悪ないじめがよくあります。

そこで他の介護委スタッフから陰湿ないじめや意地悪を受けたのなら
それは相手のあなたへの比が見ややっかみ
つまりコンプレックスの裏返し
だと考えてみて下さい。

いつも意地悪や陰湿ないじめをしてくる人は決まっています。
それもターゲットを次々と変えて意地悪を仕掛けてきます。

それはその人より
若い人であったり
利用者から人気のある人だったり
明るくはきはきしている人であったり
きっとその人からすれば正反対のタイプに人ばかりではないですか?

確かに世の中にコンプレックスのない人なんていません。
誰でも少なからずコンプレックスは持っているものです。
逆に言えば
意地悪をする人が狙う相手はその意地悪をする人のウィークポイントを表していることに気づいて下さい。

いつも若い新人介護スタッフに意地悪をする人はきっとその新人の若さや初々しさに嫉妬しているかもしれません。
利用者から人気のある介護スタッフに意地悪を仕掛ける人は、自分が利用者から嫌われていることを売酢する気づいているかもしれません。
明るくはきはきしている人に意地悪をする人は自分から心を開いて人に接することができないからかもしれません。

意地悪をされたらその人と自分との違いを考え見ましょう。
反撃するもよし
さらりと大人の対応で受け流すのもよし
相手のあいての弱みがわかっていれば主導権はこちらにあるようなものです。

意地悪をする人のウィークポイントは、その人がどんな時に意地悪をするのか?を見ればすぐにわかります。
その人が意地悪をしたくなる時というのは、その人が自分のコンプレックスを誰かに思い起こされてチクッと自分の弱みが刺激された時に起こるのです。
ですから、あえてそんな風なシチュエーションを作り出してやり返すのも気持ちのいいものです。
サインの達人 署名ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です