血縁・地縁を越えて入る合葬墓の合祀の意味

合葬墓のことについて簡単に考えないでください。
合葬墓とは血縁・地縁などを越えて一緒のお墓に入るということなんです。
これを合祀といういます。
一昔前では赤の他人同士が同じお墓に入るなんてとても考えられなかったのですから、時代は変わったものです。

もちろん合祀なのですから宗教にはとらわれません。
ある合葬墓では年2回ある合同慰霊祭には宗教的儀礼が無いものもありました。
ですので自分が考えている供養とはかけ離れている場合もあるのでそのあたりは事前に調べておきましょう。

怒号合葬墓でも宗教的儀式の強い物まります。
それは設置母体が寺院だったり教会だったりの色合いで決まります。
ある方は
「せめて納骨のときぐらいお経をあげて欲しい」
という場合もあるでしょう。
そのあたりも事前に相談してみましょう。

ただこの合葬墓はもはや世の中に定着しているといっても過言ではありません。
特に都市部ではその傾向が顕著です。
私のまわりの知り合いの多くもこの合葬墓を選んだ方も少なくありません。

ただ、ここで注意して欲しいのが合祀の意味です。
合葬墓では原則ご遺骨は骨壺から出してしまいます。
ですから、他の方の遺骨と一緒になってしまうのです。
後から家族が遺骨だけを取り出すことはできません。
そのことにはやはり抵抗のいある方も多く
とりあえずは納骨堂で自分たちの代まではきちんと供養する
といく選択をされる方も多いです。
納骨堂とはコンパクトなお仏壇のようなお墓です。
ある方はロッカールームとも表現されていましたが、まさにそんな感じです。

合葬墓とは赤の他人と一緒に
血縁・地縁を越えて同じ墓に入る
という意味です。
このあたりはしっかりと理解したうえで合葬墓を選びましょう。

お墓は故人の生きてきた最後の証でもいあります。
できればなんらかの形は残しチェ上げたいものですが、最近ではそれも難しうくなってきましや。
残った顔z九の負担を考えれば、それも仕方のないことです。
いいお墓 評判 口コミ